専攻案内

創造エネルギー専攻の教育ポリシー

 創造エネルギー専攻では,長期的で持続的な社会を展望できる先進的なエネルギー科学と技術について教育と研究を行っています。エネルギー源の多様化,利用の高効率化,環境に調和したエネルギー利用,国際貢献といった課題に応えるためには,学際的な視野に立った幅広い研究が必要となります。本専攻ではこれらの要求に応えるため,先進的科学技術を基盤とした高度な専門知識に加えて学際的な幅広い知識を身につけ,独創的な提案と課題を解決できる能力を身につけるための教育を行います。

 修士論文研究では,論文研究を通じて得られた学修成果を統一的な基準で評価すること,博士論文研究の審査においては研究成果に加えて課題設定能力を客観的に評価する指標を用いることを重視しています。

【修士課程】

人材養成の目的

 本専攻では,地球環境や社会システムと調和したエネルギー技術を開発できる高度な知識と幅広い見識を有する研究者および技術者を養成することを目的としています。

入学者に求める資質と能力

 本専攻では,次のような資質と能力をもつ人材を求めます。

  • エネルギー科学を学習するための十分な理工系基礎学力を有すること
  • 自ら積極的に学習,研究を進めていく意欲を有すること
  • これまでの専門領域に拘らず,新しい分野を切り開くチャレンジ精神を有すること
  • 研究を進めるために必要な語学力を有すること

入学者の選抜方針

 上記の資質と能力をもつ人材を選抜するため,本専攻では英語外部テストのスコアによる語学力評価に加えて,数学,物理学,選択専門科目からなる筆答試験,および研究能力と適性に関する口頭試問を実施します。また,学部3年次までの成績,英語外部テストのスコア,および口述試験による選抜も実施します。

修得する能力

 本専攻では,次のような能力を修得することを目指します。

  • エネルギー分野の科学と技術課題の本質を理解できる能力
  • 専門分野を自ら習得し,実践的問題解決に結びつける力
  • 専門知識を活用して,創造的提案と課題解決を行う力
  • 研究・開発の潮流を理解し,体系化する能力
  • 日本語および英語による論理的な説明能力と文書化能力を持ち議論を展開できる力

教育内容

 本専攻では,上記の能力を身につけるために次のような教育を実施します。

  1. 専門科目
    本専攻の修了時には共通に身につけてほしい,エネルギーと環境に関する基礎的な科目と先進的な技術に直結する専門的な科目で構成される。
  2. 関連専門科目
    研究分野に関連の深い専門的な講義とエネルギー科学に関する幅広い知識と見識を身につけるための科目で構成される。
  3. 修士論文研究
    課題設定や解決力に関する知識を講義で学び,修士論文研究で実践する。研究経過は研究室でのセミナーや専攻中間発表会で報告し,指導教員と他教員からの指導を通じて実践的問題解決能力の向上を図る。
  4. 実践研究スキル
    論理的な議論の進め方,表現方法,日本語および英語での学会発表や論文執筆の際に必要とされるスキルを身につける。
  5. 論理的対話スキル
    エネルギーや環境について受
    講生のグループが自主的に設定したテーマについて,調査・討論・発表を行う双方向型の講義科目を設ける。

【博士後期課程】

人材養成の目的

 本専攻では,高度な専門知識と幅広い視野,優れた課題設定能力をベースに,エネルギー,環境,およびそれらの境界領域において,国際的なリーダーとして活躍できる技術者・研究者の養成を目的としています。

入学者に求める資質と能力

 本専攻では,次のような資質と能力をもつ人材を求めます。

  • 博士後期課程において研究を実施するにあたり十分な専門的知識と問題解決力を有すること
  • 科学技術を通して,学界,産業界など広く社会に貢献しようとする高い志と意欲を有すること
  • 日本語および英語による基礎的なコミュニケーション能力を有すること

入学者の選抜方針

 上記の資質と能力をもつ人材を選抜するため,本専攻では英語外部テストのスコアによる語学力評価に加えて,研究能力と適性に関する口頭試問を実施します。

修得する能力

  • エネルギー科学分野における高度な専門知識
  • 高度な専門知識を活用した,関連分野における課題設定と解決策を提案する能力
  • 国際的な視野から研究・開発の潮流を理解し,体系化する能力
  • 日本語および英語による論理的な説明能力と文書化能力を持ち議論をリードする能力

教育内容

  1. 博士論文研究
    世界的水準の研究を自ら構築する能力を習得するために博士論文研究を実施する。研究経過は研究室でのセミナーや専攻中間発表会で報告し,指導教員と他教員からの指導を通じて実践的問題解決能力の向上を図る。
  2. 実践研究スキル
    論理的な議論の進め方,表現方法,日本語および英語での学会発表や論文執筆の際に必要とされるスキルを身につける。