専攻案内

カリキュラム

 創造エネルギー専攻では,地球環境や社会システムを考慮しながらエネルギー供給・変換・消費など種々の問題解決にあたることのできる,高度な知識と幅広い見識を有する研究者および技術者を養成することを目的として,様々な講義が行われています。本専攻のカリキュラムを6つに分類し,その特徴を以下に示します。それぞれの講義の具体的な内容については,学習課程および教授要目を参照してください。

  1. 必修科目
    創造エネルギー専攻出身者が共通に身につけてほしい,エネルギー,環境に関する基礎4科目(エネルギー科学原論および「エネルギー環境基礎論,エネルギー変換基礎論,エネルギー創造基礎論,エネルギー先端理工学」の中から3科目)を必修科目としています。多様な出身学科の学生がいることを前提に,基礎から講義を行います。また,他専攻等の講義を4単位以上取得することも義務づけられています。講義以外としては,各研究室で行われる特別実験および講究が必修科目となっています。
  2. 専門科目
    本専攻で開講されている授業科目は,上記必修科目も含めて,A : 総合的科目,B : 基礎的科目,C : 専門的科目の3つのカテゴリーに分類されています。履修にあたっては,自分の研究分野に関連の深い専門的な講義と同時に,基礎知識を身につける講義や幅広い知識を身につけるための講義も組み合わせるなど,系統的な履修計画をたてることが望まれます。
  3. 創造性育成科目
    エネルギーや環境に関して受講生のグループが自主的に設定したテーマについて,現状と問題点の指摘,解決策の提言など,調査・討論・発表を行う討論型の講義です。他専攻や他研究室の学生同士で議論を積み上げていくことを通して,自ら考えること,広い視野を持つこと,を目指しています。
  4. インターンシップ科目
    業務内容,派遣期間などが一定の条件を満たしている場合,国内,海外におけるインターンシップが正式な科目として単位認定されます。
  5. コミュニケーション科目
    日本語および英語における学会発表,論文執筆などにおいて必要とされる,論理的な議論の進め方,表現方法,プレゼンテーション技術などについて講義します。
  6. 医歯工学特別コース科目 (コース全体で16科目のうち,6科目を本専攻で開講)
    本学他専攻と協力して開講している医歯工学特別コース用の科目です。本学教員の他,東京医科歯科大学,放射線医学総合研究所の教員による講義も行われます。コースの開講科目の中から所定の単位数を取得した場合,修士・博士の修了に加えて,医歯工学特別コースの修了証書が授与されます。

 この他にも,他専攻で開講される科目,東京大学やお茶の水女子大学などの協定大学院の科目の履修も可能です。