お問い合わせ

松藤 成弘 (Naruhiro MATSUFUJI)

専攻・講座名 創造エネルギー専攻・エネルギー創造講座
職名 連携教授
学位 博士(工学)
居室・電話 すずかけ台G3棟502号室・045-924-5694
所属・電話 (独)放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター
物理工学部 043-206-3170(直通)
Eメール matsufuji.n.aam.titech.ac.jp
matufujinirs.go.jp
ウェブページ http://www.nirs.go.jp/index.html
キーワード 放射線の臨床・生物効果モデル,がん治療用放射線の線質,医学物理
主な所属学会 日本医学物理学会、日本原子力学会、日本放射線影響学会、日本放射線腫瘍学会
主な連携先 群馬大学重粒子線医学研究センター、筑波大学陽子線医学利用研究センター、国立がんセンター、GSI-Darmstadt、DKFZ-Heidelberg、Karolinska Institute-Stockholm
業績 J-Global

研究室の特色

 松藤研究室では、放射線医学総合研究所でがん治療に用いられている炭素線を中心に、治療用放射線の物理的な線質の評価と、その生物・臨床効果のモデル化に関連した研究を対象とします。実際のがん治療に用いられている大型加速器HIMACを用いた実験を行いながら、物理・生物・医学など幅広い分野の研究者と連携して進めています。また、一部の研究は本専攻の河野教授と共同で行なっています。
 研究では結果の観察に留まらず、その背景にあるメカニズム・「なぜ?」を考えることを大切にしたいと考えています。

研究テーマ

  1. 治療用炭素線の線質
    がん治療に用いられる炭素線には、物質を通過する際の核反応で生じた二次粒子が一定割合混入しています。放射線の生物効果は粒子の種類に依存することから、最適な治療のためにはその線質を精度よく把握することが重要です。そこで、粒子個々を識別し、その飛跡をオンラインで可視化する検出器の開発や、体内での放射線分布をシミュレーションする研究を行なっています。
  2. 治療用高エネルギーX線の線質
    近年の治療用高エネルギーライナックでも、生成されるX線のエネルギーが光核反応の閾値を超え、二次粒子が生成されることがあります。その評価と治療効果に与える影響を、生成中性子や陽子に着目して研究しています。
  3. 生物効果模擬検出器の開発
    過熱液滴検出器が放射線の相互作用によって泡を生じるメカニズムには、細胞効果との類似性があります。そこで、泡の生成機構をモデル化し、生物効果の評価に応用する研究を行なっています。
  4. 生物効果のモデル化
    放射線の生物効果を修飾する要因として、放射線のエネルギー・粒子種分布、時間間隔、酸素濃度などの影響を調べ、モデル化する研究を行なっています。
シンチレータ内での核反応を
捉えた一例
加熱液滴検出器に生じた   
気泡とX線透過像    
二次放射線を含んだ
体内の線量分布計算例

受験生へのメッセージ

  放射線の医学応用に意欲と興味のある皆さんを歓迎します。自分のアイデアが研究を通じて実証され、更に社会(がん治療)に貢献できるという研究プロセスの楽しさを一緒に味わいたいと考えています。従って、与えられた課題をそつなくこなせる人よりも、多少要領が悪くとも好奇心旺盛な人が向いているかと思います。医学・生物学の素養は要りませんが、物理や原子力工学などで放射線について学んだことのあることが望ましいです。興味を持ったらぜひ一度見学に来てみてください。お待ちしています。